綾錦紙商の息吹を感じる、書斎と中庭付き母屋

定員7人 131.64平米/和室 8帖+6帖 洋室3間 1~2階
平山 優貴

書斎、中庭、寝室からなる家族で過ごせる空間

NIPPONIA 美濃商家町 — 綾錦

主屋の中央部に位置する紙商の暮らしを再現したかのような間取りのお部屋です。いくつもの部屋で構成された一軒家風の空間で、個人宅にいるようにくつろげます。施設入口の蔵を通り抜けると姿を表す主屋。そこにひっそりとあるかつての台所の勝手口から入り、間口が狭く、中は奥行きが深い「鰻の寝床」のような造りです。

さまざまな和紙の名前を判で押した美濃和紙を壁一面に貼った玄関、そこから中に入ると紙商の住まいを彷彿とさせる空間が広がります。一階は、椅子を配した板間のラウンジ、主人の書斎に見立てた部屋と小さな中庭で構成されています。

部屋の間取りは昔のままで、それぞれお部屋に古き良き日本の暮らしを彷彿とさせる書棚や箪笥、竹籠のランプシェード、本美濃紙の障子などをしつらえています。庭を前にする縁側では読書するもよし、書斎では書き物をするもよし、往時の紙商の家にタイムスリップしたかのような空間の中、ゆったりとした気分で思い思いの時間が過ごせます。中庭も元々あった灯籠をそのまま残し、主屋の一部を見せながら奥深い住居に自然の風光を誘いこみ、内外の気配をさりげなく伝えています。

二階は畳の部屋と板間のベッドルームがあり、一階とは対照的な明るく開放的な空間です。部屋からは町屋ならではの入り組んだ瓦屋根や蔵の白壁が見え、開かれた空間ですがゆっくりくつろげます。一階は食や居の空間、二階は安らぎの空間に分かれているので、二世代家族で過ごしやすく、子供たちが経験したことない貴重な日本の暮らしを体験する場としてもおすすめです。

数寄の心、紙商の暮らしを体感できる「主屋」

築90年を超える建物は美濃町で繁栄を遂げた紙商・松久才治郎の元邸宅で、およそ800坪の敷地に建っています。明治、大正期に紙問屋として栄華の極みを迎えていた氏が賓客をもてなす別邸として建設したもので、主屋を中心に4つの蔵が点在しています。
うだつの町並みが美しい目の字の通りから少し奥まったところにあり、芝生の庭越しに見える巨大な楮蔵が目印です。蔵に入り、長い通路を抜けると景色は一転し、穏やかで静謐な数寄屋の邸宅が姿を見せます。

主屋の周囲には石畳が敷かれ、紙商の栄華を感じられます。

邸宅の母屋を改修した宿泊棟は、主の意を尽くした建物や室礼を出来る限り残した空間です。建物の奥に一番広い座敷と主庭、茶室を設け、その手前には好みや趣味に任せ作られた小部屋や坪庭を上下階に作り、数寄の精神や遊び心を随所に取り入れています。
その魅力を存分に体感していただけるように、建物の基本構造や建材、建具を生かしながら3つに区分けし、複数の部屋を備え持つ贅沢な三部屋に改修しました。

部屋の名前は、和紙を使用した障子の名からとったもので、その名前は作り手と使い手ごとに決められていたものと言われています。別邸の主庭や茶室を備えたお部屋「満月」、専用の二つの坪庭や茶室のある茶趣に富んだメゾネットタイプのお部屋「残月」、1階に書斎や中庭、2階に開放的な寝室を設けたお部屋「綾錦」と、間取りや趣はそれぞれに異なります。

部屋ごとに違った魅力が見え隠れし、美濃の手漉き和紙職人と和紙アーティストのコラボレーションアートを楽しめるのも魅力の一つです。

寝室を囲む柿渋染めの和紙

寝室を囲む柿渋染めの和紙がとても印象的で、気に入っているお部屋です。居間にある座卓は当施設の設計士が作ったものですが、これがかなり重く近くにある作業場から運び入れるのに、とても苦労したことを覚えています。

この部屋の玄関にある特徴的なアート和紙は、紙商が商品名を印字するために用いた版木に絵の具を付け、元々建具に使われていた障子紙に圧し、その紙を和紙に漉き込んで作ったものです。版木を古い障子紙に押す作業を夜な夜な和紙職人さんたちと一緒にやり、漉き上げる作業の手伝いをしたこともあり愛着のある作品です。版木にあった商品名には変わったものも多く、描かれている文字を読むだけでも飽きないのではないかと思います。

NIPPONIA美濃商家町 支配人
平山 優貴

当施設のプロジェクト立上げに際して、美濃に移住してきました。NIPPONIA美濃商家町からすぐ近くの古民家に住みながら、美濃での暮らしを楽しんでいます。ここでは4月に行われる花まつりを皮切りに、伝統ある催しが沢山残っています。日々地域の方々に教えていただきながら美濃のことを勉強中です。

設備情報

設備・アメニティ

Wi-Fi
ドライヤー
エアコン
シャンプーなど石鹸類
電気ケトル
タオル類
歯ブラシ
スリッパ
スキンケアセット
コーヒー、お茶類
土間
露天風呂
布団追加可
お庭付き
キッチン
洗濯機
乾燥機
電子レンジ
駐車場

特徴的な設備

ナイトウェア
洗浄機能付きトイレ
冷蔵庫

滞在する際の注意事項

夕食を提供しておりません。江戸時代から残る「うだつの町並み」をぶらりと散策し、美濃に根付いた美濃のお店でご夕食をお楽しみ頂ければ幸いです。
建築当時の「趣」や「不便なれど余裕のある生活」を楽しんでいただきたいという思いから、テレビや時計などはありません。
3名様以上のご予約の場合、ベットではなくお布団の用意となります。

おすすめのポイント

  • 部屋数が多く、ご家族・グループ様の滞在にもお勧めです。

アクセス

綾錦

美濃商家町(岐阜県)

〒501-3728
岐阜県美濃市本住町1912-1
TEL: 0575-29-6611
(お電話での問い合わせは9時から18時となっております。ご了承下さい。)


お車

東名高速道路「名古屋I.C」より一宮方面へ。一宮JCTにて「東海北陸自動車道 岐阜 高山」方面へ進み、美濃I.Cまで。

美濃I.Cより

高速出口の信号「美濃I.C口」を右折後直進。信号「下松森」を左折し国道156号線を道なりに進み信号「殿町」を右折。右折後左側に駐車場のサインがございます。(入り口は美濃和紙あかりアート館手前)

駐車場

施設裏手にご用意があります。

電車

①「名古屋駅」ワイドビューひだ(高山方面)→「美濃太田駅」長良川鉄道(北濃方面)→「美濃市駅」にて下車。

②「名古屋駅」JR中央本線快速(中津川方面)→「多治見駅」JR太多線(美濃太田方面)→「美濃太田駅」長良川鉄道(北濃方面)→「美濃市駅」にて下車。

「美濃市駅」より徒歩約15分

バス

バス停「名鉄バスセンター」高速名古屋線→バス停「美濃」にて下車。

バス停「美濃」より徒歩約14分

送迎

なし

綾錦の空室・プラン検索

日付と人数を選択してください

宿泊プランを選択

宿泊費
岐阜県
美濃商家町
江戸時代から和紙の産業で栄えた町「美濃」には、ユネスコ無形文化遺産に登録された本美濃紙の魅力が息づいています。豪壮な商家が立ち並ぶ「うだつが上がる町」にお越しいただき、美濃で繁栄を遂げた紙商・松久才治郎の邸宅に滞在し、和紙のある豊かな暮らしをお楽しみください。
江戸時代から和紙の産業で栄えた町「美濃」には、ユネスコ無形文化遺産に登録された本美濃紙の魅力が息づいています。豪壮な商家が立ち並ぶ「うだつが上がる町」にお越しいただき、美濃で繁栄を遂げた紙商・松久才治郎の邸宅に滞在し、和紙のある豊かな暮らしをお楽しみください。
お出迎えする村人
NIPPONIA美濃商家町 支配人
平山 優貴
人数
0
0
0

ご予約確認と変更のお手続き

ご予約の確認・変更・取り消し(キャンセル)について

ご予約の確認・変更・取り消し(キャンセル)については、予約時にお送りしているメール内のリンクもしくは本webサイト上から行っていただけます。本webサイト上からお手続きされる際には、お客様のご予約された施設によってお手続きが異なるため、以下をご参照ください。

NIPPONIAの施設をご予約のお客様

NIPPONIAのご予約確認・取り消し(キャンセル)はマイページからお手続きください。ご予約変更の際は一度取消を行い、再度改めてご予約ください。

NIPPONIAの施設をご予約された方は、NIPPONIA マイページからお手続きいただけます。

NIPPONIA HOTELの施設をご予約のお客様

NIPPONIA HOTELのご予約確認・取り消し(キャンセル)はご予約された施設の各ページからお手続きください。ご予約変更の際は一度取消を行い、再度改めてご予約ください。

NIPPONIA HOTELの施設一覧